MENU

金沢の文化と歴史を和菓子に込めて

1926(大正15)年創業、JR金沢駅にほど近い此花町にある【菓匠 まつ井】は、金沢が育んできた文化や歴史、その移り変わりを肌で感じながら和菓子作りに精を出してきました。
場所柄、観光客も多く「和菓子を通じて金沢らしさを表現すること」を心がけております。
加賀友禅のイメージを和菓子で表現した「友禅ころも」をはじめ、加賀友禅に描かれた花絵を模した「友禅はながら」や、金沢の伝統工芸品である金箔を贅沢に使用した羊羹など、金沢の文化を巧みに取り入れた《華のあるお菓子》が人気です。
県外に引っ越された方がその後も立ち寄られたり、親子代々でご贔屓にしていただいていたりと、温かいふれあいが長く続く、皆様に愛される和菓子店です。

季節のお菓子

水羊羹
水羊羹
かづら帯
かづら帯
千菜菓
千菜菓

© Kasho Matsui Co., Ltd.